p.school

オンラインでプログラミングを学ぶ

メルマガアーカイブ

[コラム] 東京オリンピック・パラリンピックは4K・8K放送で!?

★ 問題 ★

――――――――――――――――――――

2018年12月1日から実用放送がスタートする「4K・8K放送」。
現在の一般的な「フルハイビジョン=2K」に対して、「4K放送」の映像解像度は何倍になる(きれいに見える)?

1.「2倍」
2.「4倍」
3.「16倍」
――――――――――――――――――――

答えは20行下に!




















/////////////////////////////////////

【 答え:2 】映像解像度は「4倍」に!

/////////////////////////////////////

\ 答えを簡単に解説します!/
――――――――――――――――――――
東京五輪をより臨場感ある、美しい映像で見よう!
――――――――――――――――――――

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際には国内に4K・8K放送が普及していることを目指し、今年、2018年の12月1日に実用放送がスタートします。

しかし、この4K・8K放送のスタートは、2011年に地デジへの完全移行がなされたのと同じくらいテレビにとっては重要な節目なのですが、一般家庭においての認知や普及はまだまだ進んでいないようです。

そもそも、4K・8K放送とはどんな技術なのでしょうか?
ものすごく簡単に言うと、「画質が良くなり、臨場感が増す」技術です。

4K・8Kとは、放送の「映像解像度」を示したもので、現在のフルハイビジョンは1920×1020画素、Kは1000を意味するため、水平方向の1920は約2Kとなります(よって通常「2K」と呼ばれる)。4Kは3840×2160画素となり、現在の2Kを縦横それぞれ2倍にしたもの、つまり4倍の解像度になる計算です。モザイクで同じ絵を表現するのでも、モザイクのかけら一つひとつが小さくなったほうが、より細かく表現できるイメージですね!ちなみに8Kは7680×4320画素で、解像度は現在のフルハイビジョンの16倍になります。

では、4K・8K放送によって、映像の質はこれまでと何が変わるのでしょうか。

——————–
★高精細 ⇒ 大型画面などでも画像が荒くなることがなく、高解像度で表示
★鮮やかな色 ⇒ 人間が肉眼で識別できる色をほぼカバーできる広色域で鮮やかに表示
★細やかな色表現 ⇒ 夕日や海のグラデーションなど、色彩を細やかに豊かに表現
★光の表現力 ⇒ これまで表現が難しかった夜や黒、眩しい光、花火などを細部まで表現
★動きの滑らかさ ⇒ スポーツなど動きの早い映像をすばやく滑らかに表示
——————–

つまり人間が実際に目で見ている世界とかなり近いものを映像で表現できるようになるということです。

1964年の東京オリンピックでのカラー放送実現に向けては「郵便ポストなど、赤いものをしっかり赤で表現できるようにしよう!」(つまり、当時の技術では画像が乱れてポストが紫に映ったりということが日常茶飯事だったようです)を合言葉に技術者たちは頑張っていたそうです。

その時代からの進歩を噛み締めつつ、ぜひ東京オリンピックを「ありのままを映す」「臨場感あふれる」「心が動かされる」高画質の映像で見てみたいですね!

 

\ 子どもに質問されても心配御無用っ!/
――――――――――――――――――――
= オトナ向け 想定問答集《虎の巻》 =
――――――――――――――――――――

Q. オリンピックのたびに、放送の技術って上がってるんだ!

A. そうだね。毎回技術が向上しているのがよく分かるよ。歴史を振り返ってみよう!

・[1936年 ベルリン五輪] 初のテレビ中継。まだ技術が低く馬か犬かの判断も難しかった
・[1956年 コルチナ・ダンペッツオ冬季五輪] 本格的なテレビの導入
・[1964年 東京五輪] 日本-アメリカ-ヨーロッパというルートで、初の衛星中継、初のカラー化(開会式、バレーボールなどの8種目で)
・[1968年 メキシコ五輪] 初の即時再生スローモーションの実用化
—————————————-

Q. 4K・8K放送を見るには何か必要になるの?

A. うん。4K・8K対応のテレビに加えて、ほとんどのケースで専用のチューナーが必要になる(チャンネルによってはアンテナなどの機器や、配線が必要なことも)。あるアンケート調査では、専用チューナーが必要なことを知っている人は13%にとどまったそうで、国やメーカー、量販店などが周知のために動いているよ。
—————————————-

Q. 4Kのほうがよく聞くけど、8Kも同じくらい進んでいるのかな?

A. 実は今回の4K・8K放送の新しい17チャンネルのうち、NHKの1チャンネルのみが8K放送を始めるんだ。8K放送を見るには、8K対応テレビ、専用チューナーの他に、アンテナ、室内配線も必要になるからちょっとハードルが高いかもしれないね。でも、いずれは8K寄りになってくる。NHKはその先陣を切っていると言えるね!
—————————————-

クイズは正解しましたか?
次回もぜひ親子で挑戦してくださいね!

親子でチャレンジ! 知っ得クイズ 2018.08.14 [vol.14]

隔週火曜日で配信されるメルマガでは、この記事の内容をいち早くお届けしています。また、メルマガでしか購読できない「IT最新情報」やp.schoolの情報も掲載していますので、メルマガにご登録してみてください。⇒登録はコチラ!!

~ プログラミングxリベラルアーツxビジネス 子供も大人も親子でも学べる 最新プログラミング教育 オンライン・プログラミングスクール p.school ~