p.school

オンラインでプログラミングを学ぶ

プログラム紹介

プログラム紹介

 

1.カリキュラム全体像

1.カリキュラム全体像

小中高校生向け

小中高校生向け

p.schoolについて
p.schoolについて

※ カリキュラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承ください

※ カリキュラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承ください

大学生・社会人向け

大学生・社会人向け

p.schoolについて
p.schoolについて

※ カリキュラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承ください
※ 入門編、基礎編は小中高校生向けの講座ですが、大学生/社会人も受講可能です

※ カリキュラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承ください
※ 入門編、基礎編は小中高校生向けの講座ですが、大学生/社会人も受講可能です

プログラムの構成

プログラムの構成

ここをタップして表示Close
講座 内容
プログラミング プログラミング的考え方の基礎を学び、コンピューターを使って問題解決ができるようにします。問題やアイデアを論理的に整理し、要件定義を纏め、プログラミング言語で言語化していくプロセスを学びます。コンピューターを使って問題を解決したり、自分のアイデアをプログラミングで形にすることができるようになります。自分が創りたいものに適したプログラミング言語を学びます。
ICT基礎 コンピューター、通信の原理原則を理解します。最先端の応用技術についてその概要を理解します。
ビジネスデザイン ビジネスはどういう仕組みで儲かっているのかを身近な例から学び、自分自身で儲かるビジネスモデルを考える力をつけます。
リベラルアーツ 教科書では学べないけれど世界で活躍するには知っておきたい教養。人類の英知である科学技術のエピソードからものごとの原理原則を考えるきっかけを与えます。古典から将来のリーダーとして必要な素養を学びます。
リーダーシップ 経営者、起業家の語りからそれぞれのリーダーシップの取り方に気付いたり、新しいことに挑戦する志に触れることが狙いです。
プログラミング
プログラミング的考え方の基礎を学び、コンピューターを使って問題解決ができるようにします。問題やアイデアを論理的に整理し、要件定義を纏め、プログラミング言語で言語化していくプロセスを学びます。コンピューターを使って問題を解決したり、自分のアイデアをプログラミングで形にすることができるようになります。自分が創りたいものに適したプログラミング言語を学びます。
ICT基礎
コンピューター、通信の原理原則を理解します。最先端の応用技術についてその概要を理解します。
ビジネスデザイン
ビジネスはどういう仕組みで儲かっているのかを身近な例から学び、自分自身で儲かるビジネスモデルを考える力をつけます。
リベラルアーツ
教科書では学べないけれど世界で活躍するには知っておきたい教養。人類の英知である科学技術のエピソードからものごとの原理原則を考えるきっかけを与えます。古典から将来のリーダーとして必要な素養を学びます。
リーダーシップ
経営者、起業家の語りからそれぞれのリーダーシップの取り方に気付いたり、新しいことに挑戦する志に触れることが狙いです。

■ 保護者向け講座 ■

 保護者向け講座

小中高校生のお子様と一緒に受講される場合、保護者の方向けに、下記の講座をご用意しております。
小中高校生のお子様と一緒に受講される場合、保護者の方向けに、下記の講座をご用意しております。
ここをタップして表示Close
講座 内容
子育てと子供の教育
(全コース共通)
子供の創造の力を育むためのコーチングスキルを親自身が身につけます。また、経営者・管理職に必須のコーチングスキルにも応用できます。
プログラミング的思考
(全コース共通)
答えのない時代を生き抜く力となる教養としてのプログラミング的思考が、論理的・創造的な思考を鍛え、世界を別の視点から捉える方法であることをご両親にご理解いただくことを目的としています。
ITビジネス セレクション 最先端のICTについての動向を掴むことができます。そしてこの内容を噛み砕いて子供に伝えます。
子育てと子供の教育(全コース共通)
子供の創造の力を育むためのコーチングスキルを親自身が身につけます。また、経営者・管理職に必須のコーチングスキルにも応用できます。
プログラミング的思考(全コース共通)
答えのない時代を生き抜く力となる教養としてのプログラミング的思考が、論理的・創造的な思考を鍛え、世界を別の視点から捉える方法であることをご両親にご理解いただくことを目的としています。
ITビジネス セレクション
最先端のICTについての動向を掴むことができます。そしてこの内容を噛み砕いて子供に伝えます。
学習方式の特徴

学習方式の特徴

  • プログラミングだけを学ぶのではなく、科学・技術・工学・数学の視点から原理原則を探求し、ものごとの本質を自ら考える切っ掛けを与えます。(※1)

  • ものごとの本質を捉えることによって発想が豊かになり、アイデアが生まれやすくなります。

  • 身近なことを題材にした課題に対する問題解決を通じて経験を積み、行動力を養います。

  • 新しいことに挑戦する精神と行動力を育みます。自ら考え、行動を起こし、実現します。

  • 試行錯誤しながらプログラミング言語のコードを書き、実践( Practice)を通してフィードバックを得て、完成度(顧客満足度)を上げていきます。

  • ※1 STEM教育

 

2.教育方針

2.教育方針

p.schoolのミッションとポリシー

p.schoolのミッションとポリシー

ミッション
  • 世界で活躍できる人材を育成する

p.schoolが求める人
  • 好奇心旺盛でものづくりに対する探究心がある人

  • 自分のアイデアや構想をプログラミングによって形にしたい人

  • 新たな価値観や世界観を創り上げることを志す人

p.schoolの教育
  • 考える力をつけ、行動を誘発する教育

p.schoolの修了生
  • 社会に貢献するために学び続けるマインドを身につけた人

プログラミング講座概要

プログラミング講座概要


プログラミング講座は入門、基礎、シリーズ編と段階的に学んでいきます。
入門編、基礎編では、特定の言語を深く学ぶのではなく、プログラミング的考え方の基礎を学びます。プログラミング学習の初期段階でプログラミング的考え方を習得することによって、広義な意味での問題解決ができるようになります。問題やアイデアを論理的に整理し、要件定義を纏めます。次に要件定義をプログラミング言語で言語化してはじめてコンピューターを使って問題を解決したり、自分のアイデアをプログラミングで形にすることができるようになります。
シリーズ編からは入門編、基礎編で学んできたプログラミング的考え方に則り、身近な課題を解決するような実習を交えながら学んでいきます。
また、プログラミング講座を独立して学んでいくのではなく、稼ぐ力を意識し、上流工程の仕事ができるようにICTの基礎、ビジネスデザイン、リベラルアーツ、リーダーシップの講座も立体的に学ぶことも重要です。

 

3.各コースの紹介

3.各コースの紹介

小中高校生向け

小中高校生向け

ここをタップして表示Close
コース コース概要
入門編101
(>>詳細)
プログラミングが初めての人向き。プログラミング的考え方を学び、Scratchでプログラミングをする。
基礎編201
(>>詳細)
ビジュアル言語からテキスト言語へ移行するにあたって、心理的抵抗感を無くすことが目的である。プログラミングをする前にアルゴリズムの重要性を学ぶ。プログラミング言語Processingを使いプログラミングし、作品を作成する。
基礎編202
(>>詳細)
プログラミングそのものを学ぶのではなく、問題解決や自分のアイデアを形にするツールとして活用できるようにする。
PythonからはじめるAI AIの機械学習で使われることの多いプログラミング言語Pythonを基礎構文からオブジェクト指向まで学ぶ。
機械学習に挑戦(1) 画像認識の機械学習及び効果検証を行なう。
機械学習に挑戦(2) Coming soon.
深層学習 Coming soon.

※カリキュラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。
入門編101
プログラミングが初めての人向き。プログラミング的考え方を学び、Scratchでプログラミングをする。(>>詳細)
基礎編201
ビジュアル言語からテキスト言語へ移行するにあたって、心理的抵抗感を無くすことが目的である。プログラミングをする前にアルゴリズムの重要性を学ぶ。プログラミング言語Processingを使いプログラミングし、作品を作成する。(>>詳細)
基礎編202
プログラミングそのものを学ぶのではなく、問題解決や自分のアイデアを形にするツールとして活用できるようにする。(>>詳細)
PythonからはじめるAI
AIの機械学習で使われることの多いプログラミング言語Pythonを基礎構文からオブジェクト指向まで学ぶ。
機械学習に挑戦(1)
画像認識の機械学習及び効果検証を行なう。
機械学習に挑戦(2)
Coming soon.
深層学習
Coming soon.

※カリキュラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。
大学生・社会人向け

大学生・社会人向け

ここをタップして表示Close
コース コース概要
AI & Python
(>>詳細)
AIの機械学習で使われることの多いプログラミング言語Pythonを基礎構文からオブジェクト指向まで学ぶ。
Machine Learning(1) 画像認識の機械学習及び効果検証を行なう。
Machine Learning(2) Coming soon.
Deep Learning Coming soon.

※カリキュラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。
AI & Python
AIの機械学習で使われることの多いプログラミング言語Pythonを基礎構文からオブジェクト指向まで学ぶ。(>>詳細)
Machine Learning(1)
画像認識の機械学習及び効果検証を行なう。
Machine Learning(2)
Coming soon.
Deep Learning
Coming soon.

※カリキュラムは変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。

 

4.親子でも学べるオンライン学習

4.親子でも学べるオンライン学習

オンライン学習だからこそできる学習スタイル

オンラインだからこそできる学習スタイル


親子で学ぶ学習スタイル


親子で学ぶ学習スタイル


オンライン学習だからこそ、ご自宅で都合のいい時間帯に学んでいただけます。
親の役割は、必ず自身でも学び、それを咀嚼し子供に伝えてあげることです。
しっかり子供を見守り、対話をすることで親子そろって成長することができます。


子供だけで学ぶ学習スタイル


子供だけで学ぶ学習スタイル


オンライン学習だからこそ、ご自宅で都合のいい時間帯に学んでいただけます。
ただし、親の役割として、受講に際して最低限のサポートは必要となります。
子供の年齢によっては、一人で理解することが難しい内容もありますので、その際は手を差し伸べてあげてください。


大人だけで学ぶ学習スタイル


大人だけで学ぶ学習スタイル


オンライン学習だからこそ、通勤時間や空き時間など、いつでもどこでも学んでいただけます。
一部のコンテンツは子供向けに作られていますが、プログラミング初心者の方には十分に価値ある内容です。
分からない点や理解し難い内容は、講師やLA(ラーニングアドバイザー)が、しっかりサポートします。

保護者の役割

保護者の役割


オンラインの教育システム(AirCampus)を利用し、ご家族で都合のいい時間帯に学ぶことができます。
ご自宅で保護者と子どもが一緒に学べるという利点を活かし、お子様を見守り、時には対話をすることで、学習効果を高めていただきます。

 

5.講師紹介

5.講師紹介

プログラミング講座:松林弘治

プログラミング講座:松林弘治



「子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい」
「プログラミングは最強のビジネススキルである」著者。
大阪大学大学院基礎工学研究博士課程中退。龍谷大学理工学部助手、レッドハット、ヴァインカーブを経て、フリーでLinuxの開発を行う。Instagramの日本語化に貢献。
書籍の中では、子どものプログラミング的教育について、
・ものごとの仕組みをプログラミング的に深く理解する
・論理的、創造的な思考が鍛えられる
・世界を別の視点から捉える機会になる
というメリットを述べている。
プログラミング講座の他、保護者の方向けの講座も担当。



「子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい」
「プログラミングは最強のビジネススキルである」著者。
大阪大学大学院基礎工学研究博士課程中退。龍谷大学理工学部助手、レッドハット、ヴァインカーブを経て、フリーでLinuxの開発を行う。Instagramの日本語化に貢献。
書籍の中では、子どものプログラミング的教育について、
・ものごとの仕組みをプログラミング的に深く理解する
・論理的、創造的な思考が鍛えられる
・世界を別の視点から捉える機会になる
というメリットを述べている。
プログラミング講座の他、保護者の方向けの講座も担当。
AI & Python プログラミング講座:長瀬嘉秀

AI & Python プログラミング講座:長瀬嘉秀



1986年,東京理科大学理学部応用数学科卒業。
朝日新聞社を経て、1989年株式会社テクノロジックアートを設立。
OSF(OPEN Software Foundation)のテクニカルコンサルタントとしてDCE(Distributed Computing Environment)関連のオープンシステムの推進を行う。OSF日本ベンダ協議会DCE技術検討委員会の主査を務める。
UML Profile for EDOCの共同提案者、ISO/IECJTC1 SC32/WG2委員、UMLモデリング推進協議会(UMTP)発起人、元XML/EDI標準化調査委員。
明星大学情報学部講師。元中国浙江大学客員教授。
XP2003国際会議 論文審査委員
トランスコスモス株式会社 技術顧問



1986年,東京理科大学理学部応用数学科卒業。
朝日新聞社を経て、1989年株式会社テクノロジックアートを設立。
OSF(OPEN Software Foundation)のテクニカルコンサルタントとしてDCE(Distributed Computing Environment)関連のオープンシステムの推進を行う。OSF日本ベンダ協議会DCE技術検討委員会の主査を務める。
UML Profile for EDOCの共同提案者、ISO/IECJTC1 SC32/WG2委員、UMLモデリング推進協議会(UMTP)発起人、元XML/EDI標準化調査委員。
明星大学情報学部講師。元中国浙江大学客員教授。
XP2003国際会議 論文審査委員
トランスコスモス株式会社 技術顧問
ICT基礎講座:東田正信

ICT基礎講座:東田正信


1975年、東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程を終了後、日本電信電話公社(現NTT)横須賀電気通信研究所に勤務。コンピュータアーキテクチャ、方式技術の研究・開発に従事。
1981年9月から1年間、米国オハイオ州立大学にて客員研究員。帰国後は現在のAI(人工知能)のもとになる知識処理の研究、自然言語処理の研究、機械翻訳技術の研究、対話処理の研究などを進めた。この間の成果をもとに、明治時代から続いていたカタカナ電報からかな漢字電報へ大転換した電報文の作成においてオペレータが受取人や発信人の姓名漢字を間違えないで入力できる支援システムを開発した。また、104番号案内システムにおいて、オペレータを介在しないで、電話機のテンキーを使って住所や名義名を簡単に入力して電話番号を検索する、完全自動の電話番号案内サービスを開発、商用サービスとして提供された。
1999年からは国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の取締役経営企画部長として、国内外の研究者を結集した研究所の運営を担当、2002年にNTT研究所に復帰後は、環境エネルギー研究所長を務め、その後、NTTアドバンステクノロジー社、NTTソフトウェア会社において、研究所の技術を広く一般の市場に提供する役割を担った。
研究所時代の研究内容をまとめて、2013年9月京都大学において博士(情報学)を取得。


1975年、東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程を終了後、日本電信電話公社(現NTT)横須賀電気通信研究所に勤務。コンピュータアーキテクチャ、方式技術の研究・開発に従事。
1981年9月から1年間、米国オハイオ州立大学にて客員研究員。帰国後は現在のAI(人工知能)のもとになる知識処理の研究、自然言語処理の研究、機械翻訳技術の研究、対話処理の研究などを進めた。この間の成果をもとに、明治時代から続いていたカタカナ電報からかな漢字電報へ大転換した電報文の作成においてオペレータが受取人や発信人の姓名漢字を間違えないで入力できる支援システムを開発した。また、104番号案内システムにおいて、オペレータを介在しないで、電話機のテンキーを使って住所や名義名を簡単に入力して電話番号を検索する、完全自動の電話番号案内サービスを開発、商用サービスとして提供された。
1999年からは国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の取締役経営企画部長として、国内外の研究者を結集した研究所の運営を担当、2002年にNTT研究所に復帰後は、環境エネルギー研究所長を務め、その後、NTTアドバンステクノロジー社、NTTソフトウェア会社において、研究所の技術を広く一般の市場に提供する役割を担った。
研究所時代の研究内容をまとめて、2013年9月京都大学において博士(情報学)を取得。

ビジネスデザイン講座:谷中修吾

ビジネスデザイン講座:谷中修吾


ビジネス・ブレークスルー大学
経営学部 専任教授
グローバル経営学科 学科長
Velvet & Company 代表取締役
ビジネスプロデューサー/クリエイティブディレクター。
専門は、経営戦略、マーケティング、メディアコミュニケーション。慶應義塾大学総合政策学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。クリエイティブディレクターとして数々のグローバルブランドのメディアデザインに従事した後、スタンフォード大学NGOで人材育成事業の運営を経て、公益財団法人松下政経塾卒塾。NPOで経済産業省キャリア教育プロジェクトのモデル事業化を実現した後、外資・戦略コンサルティングファーム Booz Allen Hamilton にて政府機関・民間企業の戦略立案・実行支援を経て、イノベーションデザインファーム Velvet & Company を設立。グローバルカンパニー、成長企業、プロフェッショナルファームなどに多数のクライアントを持ち、新規事業の立ち上げからマーケティング施策の展開まで総指揮を執る。国際協力や地方創生におけるソーシャルビジネスの立ち上げに実績多数。震災後、スターバックス、キヤノン、松下政経塾の協力を得て、復興支援プロジェクト「道のカフェ」を立ち上げ、総合プロデューサーとして企画・運営に従事。国内最大級の地方創生イノベータープラットフォーム INSPIRE(インスパイア)を立ち上げ、代表理事/総合プロデューサーとしてイノベーターカンファレンスをプロデュースしている。環境省グッドライフアワード プロデューサー、渋谷ヒカリエ「エコアドベンチャー展」総監修、JICA国際協力ソーシャルビジネスアワード 総監修、BBT大学オープンカレッジ:地方創生スタートアップトレーニング「BBT-R」コース長。


ビジネス・ブレークスルー大学
経営学部 専任教授
グローバル経営学科 学科長
Velvet & Company 代表取締役
ビジネスプロデューサー/クリエイティブディレクター。
専門は、経営戦略、マーケティング、メディアコミュニケーション。慶應義塾大学総合政策学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。クリエイティブディレクターとして数々のグローバルブランドのメディアデザインに従事した後、スタンフォード大学NGOで人材育成事業の運営を経て、公益財団法人松下政経塾卒塾。NPOで経済産業省キャリア教育プロジェクトのモデル事業化を実現した後、外資・戦略コンサルティングファーム Booz Allen Hamilton にて政府機関・民間企業の戦略立案・実行支援を経て、イノベーションデザインファーム Velvet & Company を設立。グローバルカンパニー、成長企業、プロフェッショナルファームなどに多数のクライアントを持ち、新規事業の立ち上げからマーケティング施策の展開まで総指揮を執る。国際協力や地方創生におけるソーシャルビジネスの立ち上げに実績多数。震災後、スターバックス、キヤノン、松下政経塾の協力を得て、復興支援プロジェクト「道のカフェ」を立ち上げ、総合プロデューサーとして企画・運営に従事。国内最大級の地方創生イノベータープラットフォーム INSPIRE(インスパイア)を立ち上げ、代表理事/総合プロデューサーとしてイノベーターカンファレンスをプロデュースしている。環境省グッドライフアワード プロデューサー、渋谷ヒカリエ「エコアドベンチャー展」総監修、JICA国際協力ソーシャルビジネスアワード 総監修、BBT大学オープンカレッジ:地方創生スタートアップトレーニング「BBT-R」コース長。

リベラルアーツ講座:麻生川静男

リベラルアーツ講座:麻生川静男



リベラルアーツ研究家、工学博士。京都大学工学部卒業、同大学大学院工学研究科修了、徳島大学工学研究科後期博士課程修了。京都大学大学院在学中、ドイツ・ミュンヘン工科大学に留学。1980年、住友重機械工業入社後、アメリカ・カーネギーメロン大学工学研究科に留学。帰国後、システム・ソフトウェア開発、データマイニング事業などに従事。 2000年に独立し、複数のITベンチャーの顧問を歴任。その後、カーネギーメロン大学日本校プログラムディレクター、京都大学産官学連携本部・准教授を務める。
現在は「リベラルアーツ教育によるグローバルリーダー育成フォーラム」を設立し運営している。
また、リベラルアーツに関する講演活動や企業研修を行っている。
著書:
『本当に残酷な中国史』(角川新書)
『社会人のリベラルアーツ』(祥伝社)
『旅行記・滞在記500冊から学ぶ 日本人が知らないアジア人の本質』(ウェッジ)
『本当に悲惨な朝鮮史』(角川新書)『世にも恐ろしい中国人の戦略思考』(小学館新書)
『ケースで学ぶ 実戦 起業塾』(共著:日本経済新聞出版社)
個人ブログ「限りなき知の探訪」http://blog.goo.ne.jp/shizuo_asogawa



リベラルアーツ研究家、工学博士。京都大学工学部卒業、同大学大学院工学研究科修了、徳島大学工学研究科後期博士課程修了。京都大学大学院在学中、ドイツ・ミュンヘン工科大学に留学。1980年、住友重機械工業入社後、アメリカ・カーネギーメロン大学工学研究科に留学。帰国後、システム・ソフトウェア開発、データマイニング事業などに従事。 2000年に独立し、複数のITベンチャーの顧問を歴任。その後、カーネギーメロン大学日本校プログラムディレクター、京都大学産官学連携本部・准教授を務める。
現在は「リベラルアーツ教育によるグローバルリーダー育成フォーラム」を設立し運営している。
また、リベラルアーツに関する講演活動や企業研修を行っている。
著書:
『本当に残酷な中国史』(角川新書)
『社会人のリベラルアーツ』(祥伝社)
『旅行記・滞在記500冊から学ぶ 日本人が知らないアジア人の本質』(ウェッジ)
『本当に悲惨な朝鮮史』(角川新書)『世にも恐ろしい中国人の戦略思考』(小学館新書)
『ケースで学ぶ 実戦 起業塾』(共著:日本経済新聞出版社)
個人ブログ「限りなき知の探訪」http://blog.goo.ne.jp/shizuo_asogawa
保護者向け講座:三谷宏治

保護者向け講座:三谷宏治


東京大学 理学部物理学科卒業後、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括。2006年からは特に子ども・親・教員向けの教育活動に専念。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授の他、早稲田大学ビジネススクール・女子栄養大学 客員教授。放課後NPO アフタースクール・NPO法人 3keys 理事を務める。『経営戦略全史』(2013)はビジネス書2冠を獲得。永平寺ふるさと大使。3人娘の父。
保護者向けの講座で、変化の多い現代の中、3人の子育てを通じて三谷氏が重要視する3つの力~「発想力」「決める力」「生きる力」~を高めるための子どもに対する見守り方法を、お伝えします。




東京大学 理学部物理学科卒業後、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括。2006年からは特に子ども・親・教員向けの教育活動に専念。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授の他、早稲田大学ビジネススクール・女子栄養大学 客員教授。放課後NPO アフタースクール・NPO法人 3keys 理事を務める。『経営戦略全史』(2013)はビジネス書2冠を獲得。永平寺ふるさと大使。3人娘の父。
保護者向けの講座で、変化の多い現代の中、3人の子育てを通じて三谷氏が重要視する3つの力~「発想力」「決める力」「生きる力」~を高めるための子どもに対する見守り方法を、お伝えします。

 

6.受講生の声

6.受講生の声

プログラミングの学習へのモチベーションが上がりました!

プログラミングの学習へのモチベーションが上がりました!


どの講座も大変興味深く、刺激の多いものでした。子どもとともに聴講する以外にも、洗濯干しや料理しながら聴講したり、と隙間時間にも沢山の学びを頂きました。 三谷先生の子育てと子どもの教育シリーズは特に目鱗、肚落ちの連続でした。ビジネスモデルや、プログラミング的思考についての講義や起業家のインタビューなども子どもと話し合うきっかけとなりました。プログラミングだけでなく、それを活用したビジネスデザインについて学べることがとても良かったです。プログラミングをどのように活用していけるのかイメージができ、さらにプログラミングの学習へのモチベーションが上がりました!

40代/女性/お子様13歳 入門編101受講