p.school

オンラインでプログラミングを学ぶ

無料メルマガのご登録

どんどん進むIT・デジタル社会をきちんと理解し、味方につける! p.school 無料メルマガの登録はこちら

お子さまがいる方のためにオンライン・プログラムスクールが来るべきAI/IT時代や、そのトレンドについてどこよりもわかりやすくお伝えするメルマガです。
メルマガ登録者はプログラミング講座 受講料の割引などの特典も!

どんどん進むIT・デジタル社会をきちんと理解し、味方につける! メルマガ登録者はプログラミング講座 受講料の割引などの特典も! 無料メルマガの登録はこちら

隔週火曜日配信の「未来を切り拓くプログラミング思考」。
デジタル時代を生き抜くための旬な情報・知識を味方につけ、
お子さまのプログラミング教育とご本人のIT感度UPを目指す方のためのメールマガジンです。
これまでにない新たな視点で役立つ情報をお届けします!

特長1どんな方におススメ?

日々進化するIT・デジタル社会をしっかり掴みたいお父様・お母様のためのメールマガジン!

日々進化するIT・デジタル社会をしっかり掴みたい
お父様・お母様のためのメールマガジン!

来るべき時代に適応できる思考へチェンジしていくために、変化する世の中の読み解き方や、最新技術への感度を上げていける情報をお届けします。

だから

  • IT・デジタル社会の最新情報をキャッチアップできる
  • ご自身の仕事に役立てられる情報をタイムリーに理解できる
  • 世の中の進む方向を的確に掴み、お子さまの教育・ご本人のリカレント教育に活かせる

特長2どうユニーク?

お子さまとのコミュニケーションにご活用いただけるコンテンツも!

お子さまとのコミュニケーションに
ご活用いただけるコンテンツも!

メルマガ内では、専門用語などを極力避けたわかりやすい専門家の記事をはじめ、「IT」や「リベラルアーツ」に関連した「クイズ」などもお届けします。

だから

  • 「デジタルにやや疎い」と思われる方でもしっかり理解できる内容でわかりやすい
  • お子さまの新鮮な興味関心を引き出すきっかけに
  • 専門家による記事からクイズまであり、幅広く奥行き深くメルマガが楽しめる

特長3どんなメリットがある?

骨太な情報を無料で配信。
さらに読者限定情報をタイムリーにお届け!

骨太な情報を無料で配信。
さらに読者限定情報をタイムリーにお届け!

セミナーなどへの優先的なお申込みや、メルマガ会員だけの特別価格のご案内、イベント情報、開講情報などをタイムリーにお伝えしてまいります。

だから

  • お子さまの教育の参考にできる限定セミナーなどお得な情報をいち早く入手できる
  • 受講料の割引などの特典も
  • 無料だから気軽に・簡単にメルマガ登録が完了

メールマガジンの内容

1. [ 旬のトピックス ]最新IT関連ニュースをピックアップ!

人が受け取る情報量は一昔前の500倍になっているとの調査も。溢れる情報の中から、変化やチャンスを掴むための「旬」なIT関連ニュースを、[ p.school ] の校長が厳選してご紹介&ミニ解説します。

クリックしてサンプルチェッククリックしてサンプルチェック

専門的・技術的な内容ではなく、
身近に感じていただけるテーマをピックアップ!

最新IT関連ニュースをピックアップ!

【1】今週のNEWS

IT最新トピックスをナナメ読み!

★個人のネット利用、スマホがPCを上回る 総務省が調査
※ITmedia NEWS [2018.05.25]

\ 伊藤校長コメント /
個人がネットを利用する機器は、スマートフォンが54.2%を占め、48.7%のPCを初めて超えたとのこと。また、固定電話の保有が70.6%に対して、スマホ保有世帯は75.1%とこちらも初めて上回る結果に。スマホファーストのサービス設計があらゆる分野で必須です。

★「Google Home」が「Amazon Echo」を抜き初の首位–スマートスピーカ市場調査
※CNET Japan [2018.05.28]

\ 伊藤校長コメント /
急速に家庭に普及し始めているスマートスピーカー。2018年第1四半期の世界出荷台数は約940万台だったそうです。これまではAmazonがシェアトップを独走してきましたが、追いかけるGoogleの今期出荷数が遂にAmazon超え。その他競合も含めてた競争に注目です。

2. [ 特集連載 ]AI時代に向けたプロフェッショナル講義!

これからのIT/AI全盛時代において重要なのは、何が起こっているのか、どういう意味合いを持つのか、どうしていくべきかを考える力です。これまでの思考から「新たな時代の思考」へと視野を広げる、メール講義をお届けします。

クリックしてサンプルチェッククリックしてサンプルチェック

お子さまが活躍する将来を知るだけでなく、
お父様・お母様自身のビジネスにも役立つ内容!

AI時代に向けたプロフェッショナル講義!

【2】連載『AI時代の勝者と敗者』

「第9回: スマートマシン最前線を事例で追う」

ここ1、2年でAI( Artificial Intelligence)という言葉がブームと言ってもいいほど浸透し、いよいよAI時代に突入してきました。その中で、未来の技術面のみを問うケースも多く見られます。

本連載では、その背景やトレンドについても説明するのと同時に、AIが一体どのような形で企業や、社会で仕事や生活をしている私たちに影響を与えるかをお伝えできればと思います。

後編は
1.スマートマシンの最前線
2.人間の強み
3.人間の生き延びる道
の3つのテーマでお届けします。

§ 改めて持ちたい共通認識

本日から後編をお届けしていきたいと思います。スマートマシンの最前線は一体どうなっているのか、一緒に見ていきましょう。

前編の講義のおさらいになりますが、直線的に考える日常生活や人間の考え方に対して技術というのは異なる動きを見せます。しばらくはリサーチなど、表面上は結果として特に何も見えない期間が長くあっても、その後一気に開花して大きな成果を出すことがよくあるのです。

俗に言われている「ムーアの法則」などでも実証されています(半導体の性能が指数関数的に向上するという将来予測を論じたもの)。現在のデジタルの時代になるとますます技術が発展し、大きなインパクトを与えるようになるということをみなさんとの共通認識として持ちたいと思います。

一つの例として、合計で13~14年かかったヒトゲノムの解析において、調査を始めた1996年から7年間は殆ど結果が出ず、7年目にして初めて1%のヒトゲノム解析ができたことをご紹介しました。7年目の時点で、この研究は果たして続けていくべきなのかと話されていたにも関わらず、その後、最初にかかった7年にも満たない6年くらいの期間で、残りの99%全てが解析されたのです。

一見してまだ達成されていないものでも、少しだけ成果が見えた時点でその後大きな形で実現してしまうということ、また、表面的に見えなくても、その兆しがあるものに関しては、ものすごいスピード感で日常の中、そして世界の中で使われていくのだと考えていただきたいと思います。

§ PC、スマホ、IoT…。普及時間は半分に

コンピュータというものが登場し、それが「一部の大企業」の中で使われるようになるのに40年間かかったのに対し、それから「一般の企業」で使われるようになるまでが約20年でした。そして2000年に入ると、たったその半分の10年程度の期間で「家庭の中」でもコンピュータなりインターネットなり情報にアクセスできるようになったのです。またその半分の2010年から2015年の5年程度でスマートフォンが一気に普及して、本当に個人が「自分の手の中」に情報を持てるようになりました。

年数が次々と半分になっていることをベースに考えると、この2.5年という時間でどのようなことが起こったかが更によく見えてきます。ウエアラブルや巷を賑わしているIoTなど「ポスト・モバイル」が一般化し、そして人工知能の時代が到来していることがわかるのではないでしょうか。

今まで意識していなくても、兆しが見えたときには大分準備ができている。そして、それが開花し、一般に普及するまでの時間が非常に短いということを認識していただきたいと思います。

3. [ コラム ]親子でチャレンジ!” IT ” クイズ!

将来お子さまに、幅広い知見を持ったビジネスリーダーとして活躍していただくために、クイズ形式でITを含め様々な角度の雑学をご提供。興味関心や将来を一緒に語り合う、コミュニケーションツールとしてもご活用ください。

クリックしてサンプルチェッククリックしてサンプルチェック

お子さまからの疑問・質問に答えられる、
想定問答《虎の巻》も!

親子でチャレンジ!” IT ” クイズ!

【3】親子でチャレンジ! 知っ得クイズ

第2回:USJにスルッと入場できるあの技術!

★ 問題 ★

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の年間パスを持っている人は、どの本人確認の技術で入場できる?

1.犯罪捜査でおなじみ!《 指紋認証 》
2.黒目の放射状模様でジャッジ!《虹彩認証》
3.これぞまさに顔パス!《 顔認証 》

答えは20行下に!




















/////////////////////////////////////
【 答え:3 】  顔認証!
/////////////////////////////////////

\ 答えを簡単に解説します!/

技術は2Dから3Dへ―。精度が圧倒的に高まっている!

今や、スマートフォンやPCを立ち上げる時、また、空港の出入国や会社の入退館、そして本屋さんの万引き防止のためのシステムなど幅広く活用されている《 顔認証システム 》。USJの年間パスを持っている人も、登録してある顔データと照合するだけで入場ができるそうです。これぞ真の「顔パス」の時代ですね!

さて、この顔認証にはどのような技術が使われているのでしょうか。これまでは、検出された目や鼻、口などに特徴点と言われる点を何箇所かずつつけて、それぞれの特徴点の距離や位置関係を数値化し、その人の顔認証データとして登録。このデータと、認証したい人のデータが合えばOK!となる仕組みでした。
現在はこの平面の2D技術から、立体で認証を行う3Dの技術へと進化してきています。

例えばWindowsではPCでログインする際、赤外線を顔に当て、その反射情報をカメラで確認し、事前の登録情報と一致すれば認証完了。また、Appleでは、目に見えない3万個もの赤外線の点を顔に照射し、それを赤外線カメラで確認します。3万個の立体的な顔情報をデータ化することで本人かどうか確認できるのです。スマートフォンなどでも使われ始めていますね。

この3D技術のおかげで、ちょっと暗いところにいても、ヒゲを生やしても判別できるほど、認識の精度が飛躍的に高くなったそうです。
今度、お化粧をバッチリしているお母さんも、ノーメークのお母さんでも認証OK!となるか、確認してみましょうか!?

4. [ お知らせ ]無料セミナーや、講座情報をご案内!

順次開講している [ p.school ] の各講座の最新募集状況や、お得にご参加いただけるセミナー情報、キャンペーン情報、プレゼント企画などを読者限定、もしくは先行してご案内します。

クリックしてサンプルチェッククリックしてサンプルチェック

無料、もしくはメルマガ会員割引価格での
セミナーご招待なども!

無料セミナーや、講座情報をご案内!

【4】「p.school」からのお知らせ

先着25名にドローンをプレゼント! 締切まで《 あと3日!》

▼6月開講講座、お申込は【 5月25日(金) 】まで
http://bit.ly/2L2Ze1N

プログラミング講座で学習したことを活かして、実際にドローンを制御するプログラムを自分で書き、動かすという一連の流れを体験できる本キャンペーン。

プログラミングを学び、夏休みには、自分でプログラミングしたドローンで空からの素敵な動画をたくさん撮っていただけます!

6月開講の「入門編」「基礎編」いずれかのコースにお申込の方に、先着で25名様にプレゼントいたします。受講を検討されている方は、ぜひこの機会をご活用ください!

メールマガジンのお申込み

隔週火曜 ”夜” に配信!
※ 配信日時、頻度は変更になる可能性があります

帰宅時・帰宅後に読みやすいスマートフォン、
ご自宅PCアドレスでのご登録がおすすめです!

メルマガ登録者はプログラミング講座 受講料の割引などの特典も! 詳細はメルマガ、お申し込みの際のご案内にて! メルマガ登録者はプログラミング講座 受講料の割引などの特典も! 詳細はメルマガ、お申し込みの際のご案内にて!