p.school

オンラインでプログラミングを学ぶ

メルマガアーカイブ

[連載番外編] Apple創業者、スティーブ・ジョブズの言葉をたどる《 伊藤校長の談話室 》

 

SNSなどでも拡散された「スティーブ・ジョブズの最後の言葉」をご存知の人もいるかもしれません。

本当に本人が発した言葉かどうかは定かではないとされつつも、多くの人の胸を打ってきました。私もその一人です。

テクノロジーで世の中を変えたジョブズの生き方・考え方は、プログラミングを味方につけた次世代リーダーの育成を願う [p.school] の理念とも大きく重複してきます。

本日は、「最後の言葉」を含めたスティーブ・ジョブズの言葉を辿りながら、仕事や勉強との向き合い方、家族との向き合い方を考えるきっかけにしていただければと思います。

――――――――――――――――――――
§ ジョブズが残した言葉たち
――――――――――――――――――――

まずは、この言葉から。

—————————————
★You have to trust that the dots will somehow connect in your future.
—————————————

「点と点は、先を見ながらは繋げない。過去を振り返ることで繋げるものだ。だからその点と点が将来繋がると、信じなければならない。自分の勇気でも、運命でも、人生でも、カルマでも、何かを信じなければならない。この方法で失敗したことはない。この方法は私の人生を変えてくれた」

[ 伊藤校長 ]
例えばジョブズは、大学を中退した後も授業にもぐり込み、文字を美しく見せるアート「カリグラフィー」の講義に熱心だったこともあったようです。フォントをはじめとするAppleの美しさへの徹底したこだわりは、この一つの「点」があったからなのでしょう。

—————————————
★You’ve got to find what you love.
—————————————

「すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ」

[ 伊藤校長 ]
私達はさまざまな困難にぶつかります。そのとき「これが好きだからやってるんだ」という思いこそ乗り越えるための原動力に。仕事に対する考え方の多様性が認められるようになってきた今の時代こそ、誰もが何歳になっても向き合っていく必要のある命題です。

—————————————
★Simple can be harder than complex.
—————————————

「シンプルであることは、複雑であることよりも難しいときがある。物事をシンプルにするためには、懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ」

[ 伊藤校長 ]
皆さんは「問題解決思考」をご存知でしょうか。複雑に絡み合った数々の事象から本質的な問題を抽出し、解決案を導き出す手法です。突き詰めた先にある本質的な問題というのは、往々にしてとてもシンプルな言葉で表現できるもの。共感できる方も多いのではないでしょうか。

—————————————
★We will face the day when the curtain comes down.
—————————————

「あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。あなたの家族のために愛情を大切にして欲しい。あなたのパートーナーのために、あなたの友人のために。そして自分を丁寧に扱ってあげて欲しい。他の人を大切にして欲しい」

[ 伊藤校長 ]
これは、「スティーブ・ジョブズ最後の言葉」としてSNSなどで多く拡散されたものの一部です。偉業を成し遂げた彼が行き着いたところは、富や名声ではなく、周囲の人たちへの「愛情」でした。日々の会話、共有体験、感謝などを多く積み重ねたいものです。

—————————————
★If today were the last day of my life…
—————————————

「毎朝、鏡の中の自分に問いかけてきた。『もしも今日が人生最後の日だとしたら、
今日やろうとしていることをやりたいと思うだろうか?』と。NOと答える日が何日も続くようであれば、何かを変えなければならないということだ」

[ 伊藤校長 ]
いつかやってくる「最期」を頭の片隅におきながら、自身のミッションを日々問いかけることで、本来進む方向へ一直線になれるのですね。時間は有限。自分に向き合うことは時として難しく感じることもありますが、その先に視野が開けてくるのではないでしょうか。

――――――――――――――――――――
§ 皆さんと、お子さまのヒントに
――――――――――――――――――――

いかがでしたか?

ご自身の仕事や生き方、そしてお子さまの教育を考える際に、少しでも参考になる部分があったならうれしく思います。

最後に、ジョブズが母校(中退)のスタンフォード大学の卒業式に招かれ、特別スピーチを行った際の有名な動画をご紹介します。

よろしければご覧ください!

▼スタンフォード大学卒業式 特別スピーチ
http://bit.ly/2Hk0SJp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
※次号から『AI時代の勝者と敗者』を引き続きお届けします。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

連載番外編 《 伊藤校長の談話室 》

隔週火曜日で配信されるメルマガでは、この記事の内容をいち早くお届けしています。また、メルマガでしか購読できない「IT最新情報」やp.schoolの情報も掲載していますので、メルマガにご登録してみてください。⇒登録はコチラ!!

~ プログラミングxリベラルアーツxビジネス 子供も大人も親子でも学べる 最新プログラミング教育 オンライン・プログラミングスクール p.school ~